マチの聴こえる回覧板 エフエムもえる
番組審議会結果報告
周波数76.9MHz
エフエムもえる76.9MHz│番組審議会結果報告

平成26年度10月番組審議会議事録

平成26年度第7回番組審議会でのご意見を報告します。

1.開催年月日:平成26年10月28日(火)19:00~20:00

2.開催場所 :㈱エフエムもえる会議室(船場町2丁目)

3.委員の出席:委員総数6名
 出席委員数  3名
 出席委員の氏名 貝森将之、樫山史子、下家幸代
 欠席委員数  3名
 欠席委員の氏名 安達利子、川崎正紀、益田克己
 放送事業者側出席者 次長 米倉 礼子

4.議題: エフエムもえる10周年特番について

5.議事概要:米倉礼子次長より、議題の説明をし、意見を求めた

6.議事内容
◆年末年始特番について
・年頭に市長が放送で市民に生放送で、メッセージを送るのは素晴らしい。
・昨年の出来事など番組内で振り返るので総括できる。
・家族でも新年の挨拶をしなくなっている昨今、ラジオから新年の挨拶が聞こえるのは嬉しい。
◆クリスマス特番について
・もう少し遅い時間に放送がスタートした方がゆっくり聴けるのではないか。
・時間帯ごとに担当パーソナリティーを分けて放送したほうが面白いのではないか。
◆富士登山駅伝応援放送について
・臨場感があり、情景が浮かんでくる、とてもいい放送だと思う。
・現在の応援中継というスタイルで継続して欲しい。他の局にはない放送だと思う。
・なぜ富士登山駅伝だけ中継するのか?と言う声も一部にはある。
・競技の途中経過がわかるように工夫して欲しい。
◆イベント中継について
・イベント開催中に駐車場の情報などを放送してくれるので助かる。
・イベント放送には、会場でのエフエムもえるの宣伝、イベント告知の両面に役だっていると思う。エフエムもえるの宣伝と言う点では中継ブースを設けないと、PR不足に感じる。
◆防災運動会中継について
・楽しみながら防災について学べる意義のある放送だと思う。
◆周年特番について
・通常番組とは違うパーソナリティーの一面が垣間見れて楽しい。
・大勢の人がエフエムもえるに関わっていることを再認識する機会になる。
・リスナーが気軽に訪れることができるサテライトスタジオの設置は有効だと思う。
・特番放送終了後に運営委員会で反省を行うべきだと思う。
・出演メンバーの固定化や企画のマンネリ化を感じる
 企画の公募、新規メンバーの参入など工夫が必要だと思う。
・中継先での市民へのインタビューが少ない。大勢の市民の声を放送で聞きたい。
・中継に出演した市民は自分が出演した分の放送が聞けないので再放送を行って欲しい。
◆特番全般について
・以前放送していた24時間ラジオは、放送時間が長時間に渡るためパーソナリティーへの負担が大きすぎると思う。
・特番の企画についてどのようなものが需要があるのかリスナーに聞いてみたい。
・多くのリスナーに聴いてもらうために特番放送前のPRを強化して欲しい。

7.審議機関からの答申又は意見に対してとった措置の内容
 新番組勧誘に関するFMC運営委員会への提案  11月提案予定

8.審議機関の答申又は意見の概要及び議事の概要の公表
ア. 公表年月日  平成26年11月15日 土曜日
イ. 公表の内容  番組審議会議事録
ウ. 公表の方法  事務所への備え置き、自社放送、自社ホームページ

9.その他参考事項 特になし

エフエムもえるトップページへ

ページトップへ