マチの聴こえる回覧板 エフエムもえる
番組審議会結果報告
周波数76.9MHz
エフエムもえる76.9MHz│番組審議会結果報告

平成26年度1月番組審議会議事録

平成26年度第9回番組審議会でのご意見を報告します。

1.開催年月日:平成27年1月27日(火)19:00~20:00

2.開催場所 :㈱エフエムもえる会議室(船場町2丁目)

3.委員の出席:委員総数6名
 出席委員数  3名
 出席委員の氏名 貝森将之、下家幸代、安達利子
 欠席委員数  3名
 欠席委員の氏名 川崎正紀、益田克己、樫山史子
 放送事業者側出席者 次長 米倉 礼子

4.議題: クリスマス特番並びに年末年始に放送した特番について

5.議事概要:米倉礼子次長より、議題の説明をし、意見を求めた

6.議事内容
◆クリスマス特番について、
・放送時間について、再考の必要があるのではないか。
・各コーナーの放送予定時間を頻繁に特番内で放送した方が良い。
・普段なかなか聞くことができないキリスト教の神父の話をじっくり聞けたのは良かった。
◆年末年始特番『ゆく年、来る年』について
・市民へのインタビューが少く、もう少し市民の声を放送して欲しかった。
・いろいろなお寺の除夜の鐘を聞き比べられるような企画があっても面白いのではないか。
・病院に入院しているなどの理由で、除夜の鐘を聞くことができない状態にあるリスナーは特に喜ぶと思う。
◆元旦特番『市長の新春特別対談』について
・市長だからこそ語れる留萌市の新たな年の構想が聞くことができる
 貴重な番組だと思うので、是非多くのリスナーに聞いて欲しい。
・『マチの聴こえる回覧板』としての役割を果たす意味でも重要な番組だ。
◆新春版もえるサウンドについて
・普段の放送されることがない落語が放送され新鮮だった。
・演目や落語家の紹介などのアナウンスがあったほうが落語が耳に入りやすいと思う。
・落語をじっくり聞ける番組がないので正月にじっくり聞けるのはいいと思う。

7.審議機関からの答申又は意見に対してとった措置の内容
 FMC運営委員会への提案  2月提案予定

8.審議機関の答申又は意見の概要及び議事の概要の公表
ア. 公表年月日 平成27年2月28日 土曜日
イ. 公表の内容 番組審議会議事録
ウ. 公表の方法 事務所への備え置き、自社放送、自社ホームページ

9.その他参考事項 特になし

エフエムもえるトップページへ

ページトップへ